スポンサーリンク
  • 女性芸能人
    鈴木京香の若い頃がかわいい!2018年も長谷川博己との結婚は無い?水着姿が綺麗!
    2018年6月3日
  • 女性芸能人
    松岡茉優のモー娘。での腹筋がすごい!かわいい幼少期から2018年の万引き家族まで
    2018年5月18日
  • 女性芸能人
    松たか子が子供の頃から2018年もかわいい!父親との確執やタバコはガセ?
    2018年6月13日
  • 女性芸能人
    川田裕美の高校時代はかわいいヤンキーだった!あんこ料理で太らないのはナゼ?
    2018年6月27日
  • 女性芸能人
    吉瀬美智子は若い頃ヤンキーで可愛いかった!2018年までに2人目の子供を出産!
    2018年6月13日
  • 男性芸能人
    和田正人は日本大学から箱根駅伝に!年齢サバ読みでも2018年もドラマで大活躍!
    2018年4月25日
  • 女性芸能人
    飯豊まりえの高校はどこ?2018年の写真集もドラマ「まれ」もかわいい
    2018年4月21日
  • 女性芸能人
    常盤貴子は現在も劣化せずかわいいのに旦那が浮気?ヌーディ画像と子供は?
    2018年6月25日
  • 男性芸能人
    ジミー大西の嫁はマネージャーで離婚した?ドラマの放送は2018年!絵はやめた?
    2018年5月2日
  • 女性芸能人
    斉藤由貴が2018年にドラマに復帰!若い頃も太ってた頃も超絶かわいい!
    2018年3月14日
  • 男性芸能人
    長谷川博己はかっこいいけど、2018年に鈴木京香との結婚はある?父親は大学教授!
    2018年5月3日
  • 女性芸能人
    志田未来は子役時代からヤバいくらいかわいい!神木隆之介とのフライデーは?
    2018年6月30日

片岡鶴太郎さんは元お笑い芸人で、現在は俳優や画家として活躍しています。

 

2018年は、ドラマ「家族の旅路」に澤田陽一郎役で出演します。

 

今回は片岡鶴太郎さんの学歴、読字障害、主な出演作品、絵の評価などについて調べました。



 

片岡鶴太郎さんのプロフィール

 

生年月日  1954年12月21日(2018年、年齢は64歳になります)

出身 東京都荒川区

身長 163 cm

血液型  O型

本名 荻野 繁雄 (おぎの しげお)

片岡鶴太郎がヨガで流木になったと有吉がネタに!嫁との離婚の原因・理由は?②
2018.5.3
片岡鶴太郎さんは元お笑い芸人で、現在は俳優や画家として活躍しています。2018年は、ドラマ「家族の旅路」に澤田陽一郎役で出演します。今回は片岡鶴太郎さんの学歴、読字障害、主な出演作品、絵の評価について調べました。...…

 

片岡鶴太郎さんの来歴

幼少期・芸能界デビュー

片岡さんは、幼い頃から父親に連れられ寄席や演芸場へ通っていました。

 

小学校5年生の頃には芸人を志していて、素人参加番組『しろうと寄席』にテレビ出演し、動物の物まねを披露しています。

 

1965年に「荒川少年少女合唱隊」の第一期生に応募し入隊しましたが、歌が好きでも上手いわけでもなく、

「将来芸能界に入りたい」

と言う気持ちで入ったそうです。

 

読字障害

鶴太郎さんは、中学に入った時は成績があまり良くなく下から2番か3番目くらいだったそうです。

 

成績が悪かった原因について、NHKスペシャル『病の起源』で、鶴太郎は「読字障害」ではないかと言われていました。

 

「読字障害」とは、字を読むことに困難がある障害で、鶴太郎さんの場合、教科書の音読をすることが苦手だったそうです。

 

番組では20人に1人はこの障害があると説明していたので、それほど珍しい障害でもないようです。

 

ピカソやディズニーも同じ障害を持っていたと言われています。

 

字を読むことが苦手な分、他の分野で才能を発揮することが多いようで、鶴太郎さんの場合、絵の才能に現れたのではないでしょうか。

 

中学・高校

 

中学3年生の始めは成績の悪かった鶴太郎さんですが、中3のとき、

担任の先生が「おまえ、高校はどうするんだ。都立なんか希望しても無理だぞ」と。
で、家に帰って相談したら「私立は駄目だ。うちは貧乏なんだから」とはっきり言われました。

 

僕も芸人になるにしても中卒はまずいだろうという思いがあって、

 

中三の夏休みから本気で勉強を始めたんです

その結果上位10番に入って見事、東京都立竹台高等学校に入学できました。

 

この頃から集中力が凄かったんですね!

 

 

ただ、この頃にニキビが顔中に出来てしまい「月面」とのあだ名を付けられてしまいます。

 

「隣の席の女の子に消しゴムを借りたところ、『いらない』と返却を拒否された。

 

『俺って嫌われてるんだ』と深く傷つき、それ以来、女性と話すことが苦手になった。」

と話しています。

 

高校では演劇部に所属し、3年生になってからは部長を務め、俳優へ一歩ずつ近づいていきました。

 

この頃から頬のエラが出てきて、金づちで叩いてへこませようとしていたそうです

 

弟子入り

高校を卒業した頃は俳優を目指していましたが、俳優養成所に行くのは嫌で、誰かに弟子入りしたいと思っていたそうです。

清川虹子の自宅へ何のあてもないままいきなり訪問し弟子入りを志願したが清川には会えず、清川の付き人から『男の付き人は採らない』と断られ、最後には警察を呼ぶと言われ断念。」

という過去があります。

 

 

頑張れば弟子入りできると思っていた鶴太郎さんは、生計を立てるために土木作業員などの仕事を経験しました。

 

 

その後、芸人は弟子入りと言う習慣がありますが、俳優には弟子を取る習慣は無いことを知り、

(片岡)鶴八師匠の弟子にさせていただきました。

 

鶴八師匠はモノマネの中でも歌舞伎の声色をされていて、全て芝居仕立てでやるわけですよ。

 

ようするに、モノマネで一人芝居をやっている。

 

芸が好きでしたし、ゆくゆくは芝居をやりたいという想いもあったので、鶴八師匠の弟子になろうと思いました」

ということで、片岡鶴八さんに弟子入りしました。

 

弟子入り後、コントグループに所属したり、寄席に出演するなどした後、26歳のとき「おれたちひょうきん族」に出演して大ブレイクしました。

 

この頃は、浦辺粂子さん、坂上二郎さん、近藤真彦さんのモノマネが持ちネタでした。

 

 

そして、1986年、32歳のときにTBSドラマ「男女7人夏物語」大沢貞九郎役で出演したのをきっかけに、俳優として本格的に活動を始めました。

 



最近の主な出演作品

 

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが熱いおでんを食べさせられるリアクション芸は、かつて鶴太郎さんが始めたものでした。

 

現在は、お笑い番組に出ることは少なくなってしまった鶴太郎さん。

 

最近の俳優として出演している作品を紹介します。

映画「花筐/HANAGATAMI」

 

2017年12月公開の「花筐/HANAGATAMI」では文士役を演じました。

 

大林宣彦監督の作品を見るのは初めてだったのですが、とても美しい映像と独特の世界観に引き込まれました。

 

他の作品もこんな作風なのかわかりませんが、他の作品も見てみたい気にさせてくれました♪

 

朝ドラ「とと姉ちゃん」

NHKの朝ドラは「とと姉ちゃん」で4回目の出演でした。

 

江戸の材木問屋の番頭で、酒癖の悪いお爺さん役を演じました。

ベロンベロンに酔った演技は、かつてのコントを彷彿とさせ、もはや名人芸の域に達していました(笑)

 

ドラマ「家族の旅路」

 

2018年2月の「家族の旅路」に澤田陽一郎役で出演しました。

 

鶴太郎さんの役どころは、滝沢秀明さん演じる浅利祐介が務める弁護士事務所の所長です。

 

この役柄を演じる事について鶴太郎さんは、

「下町出身の気風の良さ、話口調を活かしながらも重厚かつ人間味あふれるキャラクターでこのドラマの一助になればと思っております」

と語っていました。

 



片岡鶴太郎さんの絵

現在、鶴太郎さんは画家としても活躍しています。

 

絵を描くきっかけは、1989年にドラマ「志功の青春期 おらあゴッホだ」で若い頃の棟方志功を演じたことでした。

 

絵を描き始めたのは30代の後半から40代初めで、絵の師匠は居ませんが、タモリさんの挿絵の影響を受け、独学で始めました。

 

絵を描き始めた初期の1993年頃は現在の日本画風のタッチでは無く、濃いタッチの作品でした。

 

画家の岡本太郎さんとバラエティ番組「鶴太郎のテレもんじゃ」で共演し、岡本太郎さんに才能を高く評価され自信を持ったそうです。

 

 

片岡鶴太郎さんの作品は自然物を描いた作品が多く、

「画題は子供の頃虫取りに熱中したせいか、自然への憧れがとても強いですね。」

と、その理由を語っていました。

 

左利き

鶴太郎さんは、本来は右利きですが、絵を描くときは左手で描いています。

 

普段は右利きですが、ボクシングのときは自然に構えたら左利きになるそうで、このことをきかっけに左手で描くようになったそうです。

絵も書も描きやすく、自分にとっておもしろいものが描けるのだそうです。

絵の値段

鶴太郎さんの絵というより、絵というのは評価が分かれます。

 

ピカソの絵なんかは、下手に見える人も多いのではないでしょうか。

 

上手下手というより、好みの問題ですね。

 

値段は版画で5万円くらいからありますが、1点ものの原画だと100万越えになるようです。

 

個展ではこんなに高い価格でも普通に売り切れになっているので、鶴太郎さんの絵の評価が高いことが分かります。

 

5万円でも手が出ません

 

美術館

 

1998年に「片岡鶴太郎美術館」を開設し、現在は、4つの美術館と工芸館があります。

 

鶴太郎さんの絵は、「鶴○商店.com」で購入することが出来ます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
片岡鶴太郎がヨガで流木になったと有吉がネタに!嫁との離婚の原因・理由は?②
2018.5.3
片岡鶴太郎さんは元お笑い芸人で、現在は俳優や画家として活躍しています。2018年は、ドラマ「家族の旅路」に澤田陽一郎役で出演します。今回は片岡鶴太郎さんの学歴、読字障害、主な出演作品、絵の評価について調べました。...…