スポンサーリンク

若い頃は宝塚に入っていた小柳ルミ子さん。

 

2000年に大澄賢也さんと離婚し、現在はどうなっているでしょう。

 

今回は、小柳ルミ子さんの結婚と離婚、現在のサッカー好きがにわかかどうか調べました。



小柳ルミ子さんの若い頃

小柳さんは、もともと宝塚音楽学校に通っていました。

 

宝塚とデビュー

宝塚音楽学校に通いながらも、歌手になりたかったため、渡辺プロダクションに歌手になりたいと相談します。

 

渡辺プロダクションは、

「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」

と答え、小柳さんは見事、首席で卒業しました。

 

宝塚音楽学校を卒業した後、宝塚歌劇団に入団し、2か月だけ舞台に立ちました。

 

その翌年に「わたしの城下町」でデビューし、16万枚のヒットになりました。

 

若い頃

 

現在65歳とは思えないほど綺麗な小柳さんですが、若い頃はかわいい印象でした。

 

若い頃の動画をご覧ください!

「瀬戸の花嫁」は1972年のシングルなので、20歳の頃ですね。

 

この頃、小柳さん、天地真理さん、南沙織さんのアイドル3人で「三人娘」と呼ばれていました。

 

デビュー曲の「わたしの城下町」で1971年の紅白歌合戦に出場した後、18年連続で出場しているので、歌手として大成功したと言えるでしょう。

 



小柳ルミ子さんの結婚

小柳さんは、1988年の紅白歌合戦のバックダンサーを務めた大澄賢也さんと知り合って41日で結婚し、その後、離婚しています。

 

結婚

36歳だった1989年の4月6日に、

「東京・芝の東京プリンスホテルで総費用3億円ともいわれる豪華な披露宴が行われた。

 

テレビ局やレコード会社の社長、デヴィ夫人、田原俊彦、研ナオコ、堺正章らの挨拶が終わると、新郎新婦の息のあったダンスが繰り広げられ、踊り終わった2人はテレビカメラの前で15秒にも及ぶねっとりとしたディープキスをかわした。」

という、かなりアツアツな結婚披露宴を行いました。

 

 

結婚当時は、バックダンサーをしていた13歳年齢差がある大澄さんと結婚したことにより、「年の差婚」とか「格差婚」などとかなり騒がれました。

 

ですが、結婚後は夫婦で舞台やテレビの仕事をこなしながらとても仲の良い様子をアピールし、次第におしどり夫婦のイメージを世間に定着させていったのです。

 

離婚

オシドリ夫婦だと思われていましたが、結婚から11年後の2000年に離婚してしまいました。

 

離婚原因はすぐに語られず、子宝に恵まれなかったとか大澄さんがペット扱いされて、毎晩ベッドでマッサージをさせられていたという噂もありました。

 

その後、小柳さんが「結婚して8年目の結婚記念日に大澄さんが浮気したことを話し、小柳さんが大激怒した」と、2016年の10月に明かしました。

 

家を飛び出した大澄さんは、それから3年間の別居生活で、時々小柳さんの元に帰っては土下座して謝ったそうです。

 

大澄さんは、別居生活の間に自殺を考えるほど追い詰められたそうです。

離婚の条件

 

あっさりと離婚に至ったわけではなく、離婚をする際に小柳さんから、

「離婚を受け入れる条件として、次のような2者択一を迫ったといいます。

1、慰謝料として1億円を支払うこと

2、以前のような無名のバックダンサーに戻ること」

という究極の2択を突きつけられ、大澄さんは1の多額の慰謝料を払うほうを選んだというわけです。

 

この2択を突きつけられたことが世間に知られた理由は、大澄さんがマスコミに情報を流したと言われています。

 

離婚当時は慰謝料が1億円という金額の大きさが話題になりました。

 

ちなみに、慰謝料は未だ払い終わっていない、という声があるかと思えば、6年で完済したとの話もあります。

 

また小柳さんは

「慰謝料は一銭もいただいていない」

と話しています。

 

この1億円の慰謝料の真実は本人達にしか分からないのではないでしょうか。

 

離婚後

 

また、小柳さんは離婚にけじめを着けるため「EL VENENO」というヌード写真集を出版しました。

離婚のけじめが「ヌード写真集」という流れが、イマイチ分かりませんが(汗)

 

大澄さんは、離婚後は下町の築12年のアパートで独り暮らしをしていたそうですが、2013年に女優の岡千絵さんと再婚しています。

 

 

子供については、大澄さんは子供を作って宝塚に入れたいという思いがあったそうですが、小柳さんは望まず、二人の間に子供は居ません。

 

小柳さんは、2007年7月22日に27歳年下の俳優・石橋正高さんと再婚を発表しましたが、その後に婚約解消。

2011年に会社社長との熱愛が報じられましたが、結婚には至りませんでした。

 

現在は、熱愛男性の情報はありません。

 



小柳ルミ子さんの現在

2018年

小柳さんは、ここ最近テレビで見かけないので現在どうしてるのかと思っていたら、2018年の1月放送の「有吉弘行のダレトク?」に出演していました。

 

2017年にはテレビで見かけた記憶が無かったので、かなり久しぶりに元気な姿を見ることができた気がしました。

 

番組内で人間ドッグを受け、普段の暴飲暴食から胃腸が心配だったそうですが、健康状態は良好でした。

 

暴飲暴食を心配する割には、検査日に焼き肉やもつ鍋、ラーメンまで完食していたので本当に健康なんでしょうね♪

 

 

小柳さんは焼き肉が大好物で、ブログにも何度も書かれていています。

 

行きつけのお店は西麻布の「游玄亭」だそうです。

 

2015年はガリガリだった?

 

久しぶりに元気そうな姿を見てほっとしたのですが、2015年6月には出演した水曜歌謡祭で見せた姿は、細いを通り越してがりがりだったので、心配されたこともあるんですよ。

 

あまりにガリガリな身体を見て、「薬でもやってるの?」と言われたほどです。

 

でも、薬なんかやってたらすぐに捕まってしまうでしょうから、さすがにそれは無いと思います。

 

その時の「劇やせ動画」はユーチューブで見ることが出来たので、改めて後から見ていて思ったのですが、「小柳さんも年齢が当時62だし、こんなもんかも?」と思いました。

 

2018年現在は、2015年よりも少しふっくらされた様子で安心しました!

 



小柳ルミ子さんとサッカー

実は小柳さんが大のサッカー好きです。

 

きっかけ

 

小柳さんがサッカーを好きになったのは2002年から。

 

有名サッカー選手のデビット・ベッカム選手をテレビで見たことがサッカー好きになったきかっけだそうです。

サッカーファンというよりベッカム選手のファンという気がしますが…。

 

深い知識

サッカーを好きになったきっかけを聞いて「にわか」なのでは?と一瞬疑ってしまいましたが、サッカー番組に解説者として出演した時、深い知識を披露されていて考えを改めました。

 

小柳さんがサッカーについて語った内容を一部紹介しますと、

『エンリケ監督は、攻守時のフォーメーションを変える戦術を立てて来た。

しかも、ボールの位置に依ってポゼッションも変化する。驚いた。』

(3月2日。バルセロナがリーグ戦において、6‐1で大勝したのを受けて)

 

『サブのメンバーが薄く、彼を使わざるを得ない台所事情も分からない訳じゃないが、ジョルディ・アルバの方が良かったと私は思う。』

(4月12日。チャンピオンズリーグでミスを繰り返したDFマティウに対して)

など、サッカー通の人たちが認めざるを得ないほどサッカーに精通している内容だったんです。

 

全然にわかファンなんかじゃありません

 

サッカーノート

年間2100試合もサッカー観戦し、さらにその時の内容や感想を「観戦ノート」なるものに書き込んでいて、そのノートの数は現在100冊以上にもなっているとか!

 

この観戦ノートには小柳さんオリジナルの「いの法則」というものがあるんです。

 

どんな法則かというと、「メンタリティ」「緩急自在」「徹底」など語尾に「い」が付く言葉を意識してノートが書かれているのだそうです。

芸能界や他の仕事にも使える「今よりも成長するためのキーワード」なんだそうです。

 

小柳さんのあまりの熱心さが話題になり、2CHではスレが立つほどなんですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

CAPTCHA