スポンサーリンク

若い頃からイケメン俳優として人気を博した田村正和さん。

2018年に放送された眠狂四郎で引退を決意されたことが報じられました。

今回は、田村正和さんの誕生から引退までをまとめました。



田村正和さんの誕生と家族

1943年8月1日京都府京都市右京区で生まれました。

両親

父親は歌舞伎俳優の阪東妻三郎さんです。

 

当時の阪東妻三郎さんの人気は絶大で、自宅の敷地は1000坪以上あり、その敷地に川が流れていたというほどの繁栄ぶりだったそうです。

 

また現在の東映の京都撮影所は、元は阪東妻三郎さんが大正14年に作った坂東プロ太秦撮影所なんだそうです。

 

長男の田村高廣さんから田村亮さんまでの4人兄弟の母親は女優の伏見直子さんです。

兄弟

兄弟は、次男の俊磨さんだけが俳優ではなく「株式会社タムサプライヤ」(旧:田村産業株式会社)の創業者です。5男の水上保広さんは異母兄弟です。

 

  • 長男・故田村高廣さん 1928年8月31日生まれ
  • 次兄・田村俊磨さん 1938年6月12日生まれ
  • 三男・田村正和さん 1943年8月1日
  • 四男・田村亮さん 1946年5月24日生まれ
  • 異母弟・水上保広さん 1947年10月31日生まれ

 

田村高廣さんは2006年に脳梗塞でこの世を去りました。

なので、芸能界では「田村三兄弟」と言われますが、本当は5人兄弟です。

 

1953年、田村正和さんが9歳の時に父・坂東妻三郎さんは亡くなり、坂東妻三郎さんの遺産の土地を4人兄弟で分割したので、4兄弟はお隣同士に住んでいました。

 

田村正和さんと亮さんの家の間は直接行き来ができるように橋が架かっているそうです。

 

1953年頃、東京都世田谷区成城に引っ越しました。学校ではバスケットボール部に所属し、関東大会に出場したこともあるそうです。

 

この頃からかなりのイケメンで、その頃の様子を弟の田村亮さんは

「中学の時なんか、同級生の女の子が、正和さんが駅で歩いてたよ!とか、わざわざ言ってくる。歩いてても不思議はないんだけどいちいち僕に報告してくるほど、ファンみたいな子達がいっぱいいた

と話していました。



1960年・田村正和さんの映画出演

1960年8月の誕生日で17歳。

 

1960年に長兄の田村高廣さんが出演する「旗本愚連隊」の撮影現場を見学に行き、話の流れでチョイ役の森武七 役で出演しました。

ちょい役の割にはポスターに名前がしっかり載ってます

1961年・田村正和さんの本格デビュー

1961年8月の誕生日で18歳。

 

成城学園高校在学中に映画スタジオ・松竹大船と専属契約を結び、映画『永遠の人』で本格的に映画デビューしました。

1970年・田村正和さんの結婚

1970年8月の誕生日で27歳。

 

9月16日に一般女性の「矢島和枝さん」という方と2年の交際を経て、田園調布のカトリック教会で結婚式を挙げました。

 

奥様については詳しい情報はありませんが、成城大学の先輩で2歳年上、実家は銀座の老舗紳士服店だそうです。

 

田村正和さんはインタビュー嫌いで有名で、私生活は謎の部分が多いです。



1971年・田村正和さんの娘

1971年8月の誕生日で28歳。

 

この年に長女「早樹子(さきこ)」さんが誕生しました。田村正和さんのお子さんは、この早樹子さんだけです。

 

その後、原宿にある中華料理店「南国酒家」のオーナーの男性と結婚したそうです。

1972年・田村正和さんの眠狂四郎

1972年8月の誕生日で29歳。

 

フジテレビのドラマ「眠狂四郎」に出演し、「憂愁の貴公子」と呼ばれ人気を博します。

 

実は、1960年代に34本も映画出演したにもかかわらず、以外にも主役はわずか6本だけだった田村正和さん。父親ほどの人気を得ることが出来なかったわけですが、「眠狂四郎」で一気にブレイクしたわけです。

 

この後、活躍の場をテレビに移し、映画には数えるほどしか出演していません

1984年・田村三兄弟とコメディ路線

1984年8月の誕生日で41歳。

 

「乾いて候」

フジテレビの時代劇「乾いて候」で田村三兄弟が初めて共演しました。前の年にもスペシャルドラマ「乾いて候」が放送されましたが、そのときは田村亮さんがナレーターでした。

なので、役者としての共演は1984年の連続ドラマ版の「乾いて候」が初めてとなります。

1987年から舞台版が上演され、1993年にスペシャルドラマも放送されています。

 

清酒白雪のCMでも3兄弟で出演しています。

 

「うちの子にかぎって…」

これまで、主に時代劇の出演し、二枚目を演じることが多かったのですが、TBSのコメディドラマ「うちの子にかぎって…」で小学校の先生・石橋徹を演じ、新境地を開きました。

 

1987年には「うちの子にかぎって…」と同じスタッフでコメディドラマ「パパはニュースキャスター」が制作されました。

 

1988年・田村正和さんのニューヨーク恋物語

1988年8月の誕生日で45歳。

 

フジテレビのドラマ「ニューヨーク恋物語」で主役・田島雅之を演じました。このドラマのスタッフと仲が良くなり、その後も「さよなら、小津先生」、「古畑任三郎」を制作することになります。

 

田村正和さんの希望で16年後に続編が作られるなど、お気に入りの作品となりました。

このドラマの、ちょっとワイルドなイメージは田村正和さんのアイデアだそうです。

英語を話す田村正和さんがカッコいいです

 

「ニューヨーク恋物語」はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。

FODは31日間無料

配信の最新情報は、↑のサイトでご確認ください

1993年・田村正和さんの写真集

1993年8月の誕生日で50歳。

 

子連れ狼 その小さき手に」で14年ぶりに映画に復帰しました。

 

同時に田村正和さん初の写真集「子連れ狼 その小さき手に」が発売されました。

1994年・田村正和さんの古畑任三郎

1994年8月の誕生日で51歳。

 

1994年4月に「古畑任三郎」シリーズの第1話が放送され、その後、スペシャルを含めると2006年まで制作されました

 

現在でも再放送されるなど、田村正和さんの代表作とも言える作品となりました。

脚本を書いた三谷幸喜さんは、田村亮さんが田村高廣さんを殺害する話も考えていたそうです。今となっては惜しい話ですね。

 

「古畑任三郎」はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できます。

2007年・田村正和さんの最後の映画

2007年8月の誕生日で64歳。

 

ラストラブ」で14年ぶりに映画出演しました。

 

「ニューヨーク物語シリーズ」のスタッフが再結集し、田村正和さんも、それならということでOKしたそうです。この映画が田村正和さんの最後の映画出演になりました。

記者会見で田村正和さんは、

「もともと松竹の大船で映画からスタートした。親の七光りで数本の映画を用意してくれたが遊びが忙しかったので映画に失敗した俳優だった。

だから映画に対しては臆病になっていた。

自分はテレビの世界で育ててもらったので、今回の映画ではテレビ用のカメラを使用してもらって1カット1カット丁寧に撮影したのだが、もう少し時間が欲しかった

と、最後の映画についてコメントしていました。時間が足りなかったと、悔いを残していたのが残念でした。



2018年・田村正和さんの引退

2018年8月の誕生日で75歳。

 

2月17日に放送された「眠狂四郎 The Final」に出演された田村正和さん。

撮影前に原作者の柴田錬三郎さんのお墓参りに行き、

「70代の狂四郎を見たら何とおっしゃるのか不安だったので撮影前に先生のお墓参りをしてきましたが、“良いんじゃない”って喜んでましたよ。

先生のお嬢さんにも“現代劇を見ていると最後にもう1回くらいできるんじゃないですか?”と言われたので“よし、やろう!”という気持ちにはなりましたよね」

と意気込んでいました。

 

見どころについても

この歳でもこのくらいできるところかな(笑)

素晴らしい映像と共にお届けできると思います。時代劇はお年寄りにはたまらないと思うだけど、今作は若い人にも見てほしいね

と満足のいく出来であるかのように話していました。

ところが、試写で自身の演技を見て

「『これじゃダメだな』と痛感したんだ。オンエアを見る気にさえならなかった。自分にしかわからない、『これはもうアカンな』という感覚……」

と、引退を考えるようになったそうです。

 

そして、4月28日に発売されたフライデーで

「長い時間かけて感じてきたことが、あの作品でハッキリした。でも、(引退を)大っぴらに言うのは趣味じゃないから。まあ、宣言してもいいんだけどね」

と、事実上の引退宣言をされました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

CAPTCHA